check_greet

ごあいさつ

日本独自のものとも言われる「人間ドック」(健診制度)には、
次の二つの目的があります。

 (1) 近い将来、病気を引き起こすかもしれない危険因子を早く見つけ出して、それに対する生活習慣を
  修正するよう指導することで、病気の予防をする。(一次予防:これが一番大切)

 (2) 自覚症状が無いうちに、もし持っている病気があるとすれば、これを早く見つけ出して治療する。
  (早期発見、早期治療)

 ここまでで、私は、「けんしん」という言葉を「健診」と「検診」の2通りの漢字で表現しています。 一般に、「健診」は健康診断の略。 「検診」はある特定の病気を見つけ出す為の検査、というような形で使い分けられているようです。「健康診断」には、法律によって実施が義務付けられている「法定健診」と個人が任意で受ける「任意健診」 とがあります。 「人間ドック」は任意健診の一つと言う事になります。

 平成20年4月から始まった特定健診について、少し、ご紹介します。 これは生活習慣病予防のためということで、40歳以上(74歳まで)の公的保険加入者に受診が義務付けられましたので、「法定健診」の一つということになります。 健診の目的は、まさに、上に記した人間ドックの目的(1)と合致するものです。 正式には「特定健診・特定保健指導」という名の制度なのですが、通称「メタボ健診」の名で呼ばれ、その周知度は高まっているのですが、肝心の健診受診率は国の考えた所までは上がらず問題になっています。 皆さんが、「メタボ」という名でそれなりにご自分の体形を気にされることが多くなったとすれば、それは消して悪い事ではないように思います。 しかし、「メタボ健診」導入に際しての国の究極の狙いは「医療費の削減」にあるのだと、巷間、広く言われていたのですが、それが果たして達成されるかどうかは疑問視されています。
 「メタボリック症候群」(内臓脂肪症候群)の現在の診断基準は、腹囲に加え、血糖・脂質・血圧の3項目のうち2つ以上で異常があった場合に、「メタボ」と判断され「保健指導」の対象とされることになります。 これが通称「メタボ健診」の眼目であります。 このうち必須とされる腹囲の基準ですが、他の先進国と比べて、男性では厳し過ぎ、女性の場合は逆に甘すぎるとの批判が最近出てきています。 また、脂質の評価基準が男女一律であるのはおかしいのでは、との批判も最近高まってきています。 もしかしたら、近い将来、診断基準に何がしかの変更があるかもしれません。

スタッフイメージ

 至聖病院・人間ドックは2009年12月のドック専用棟の使用開始によって、病院併設のドックでありながら、病院を利用される方々からは隔離された環境で検査を受けていただくことが可能になりました。 また、同時に始まったX線検査のデジタル化、さらには、従来から行ってきました過去の受診結果との比較などにも意を用いた”判りやすい説明”を徹底することに努力しております。

 私たちが健康な生活を続けていくためには、まず、自らの現在の健康状態をチェックし、これからもそれを維持していくことが必要であることは言うまでもありません。 そのお手伝いをさせていただくのが、至聖病院・人間ドックのお役目だと思っています。 

どうぞお気軽にお声掛けください。スタッフ一同、お待ち申しあげております。

健診・人間ドック担当部長
Dr.中野達也

ごあいさつ

  • 採用情報
  • お問い合わせ

医療法人社団清心会 至聖病院

〒350-1332 埼玉県狭山市下奥富1221番地地

TEL
04-2952-1002
FAX
04-2952-1004
ページTOP